油処理剤や建築シートは現場のミカタ|セーフティスポット実現

工事

環境に適したものを選ぶ

工事

建築シートにはいろんな目的をもったものがあります。防音を目的としたものもありますし、防火を強化したタイプもあります。素材も色々で、メッシュ素材で作られたものもあればポリフィルムで作られたものもあるのです。また、階段で使うのか工場で使うのかによっても用途がかなり違ってきます。工事でどんなことをするのか、その種類や目的に応じた建築シートを利用することができるので、なるべく厳選する必要があります。そして、建築シートの種類によって使い方や点検事項も変わってきますので、使う時は使用上の注意事項をしっかり把握する必要があります。特に防音と断熱を目的としたものは、作業内容によって変えれば効果は倍増します。

工事現場ではいろんな作業が行われます。溶接をする現場であれば伝導熱が気になるところです。飛散防止のために建築シートを張り巡らせていて、溶接作業があるのにもかかわらず熱に弱いタイプのシートを使っているのであればその環境は好ましくありません。伝導熱遮断してくれる建築シートを利用して、環境の安全性を保てるようにしましょう。断熱用建築シートは対象物によって材料を変える必要があります。熱伝導率の低い素材といえば発泡剤やフェルト系といったものになってくるので、それを選ぶと最適です。建築シートは外からの熱伝導を防ぐタイプもあります。太陽の熱を反射させるタイプの建築シートはアルミ系の素材が使われています。高温でも変形することのないタイプの建築シートも存在しているので、把握しておくと安全性を保つ上でも役立ちます。